グアテマラ・レインボーとは

グアテマラのインディオの市場に一歩足を踏み入れた人は、

誰もが、そのカラフルな民族衣装に圧倒され、

繊細な模様に強い衝撃を受ける。

光り輝く太陽、鬱蒼と茂る豊かな緑、

紺碧の湖、市場を彩る赤や黄色の果実、

山に街に咲き乱れるブーゲンビリアの花々・・・。

 

色彩溢れる大地から織りなされる織物を、人々は

『グアテマラ・レインボー』と呼ぶ。

 

ラテンアメリカの中米に位置するグアテマラは、手織物と民族衣装の宝庫。

日本の約3分の1の国土に、80近い村々が点在し、

それぞれが独自の民族衣装と手仕事の技術を持つ。

 

その密度の高さ、豊かさは世界でも稀にみる国の一つ。

古代から引き継がれた織りは、マヤの末裔たちによって、

今もなお、連綿と織り継がれている。

 

office SABASABAはこの『グアテマラ・レインボー』を

出来る限り天然素材を使用し、手仕事によってカタチにしました。

グアテマラでのモノづくりを通じ、伝統を継承しつつ、さらに発展させ、

作り手・使い手、そして地球に優しい製品をお届けすると共に、

地球と人との新しい共存の道を提案していきます。