生活雑貨をつくる


グアテマラの景勝地、アティトラン湖の畔にあるサン・パブロ・ラ・ラグーナ。(写真・村は湖畔の森に覆われてます。)今もなお、マゲイ(竜舌蘭)と呼ばれる繊維でバッグなど作る手編みによる手仕事が盛んな村。この村に住むある一家の「手」によってSABASABAで最も小さな手仕事の一つ、Mayaコースターと小物ケースを作ります。どの分野でもそうですが、同じ仕事でも、その人の適正、性格、そしてセンスによってその成果は大きく異なります。その意味で、彼らに巡り会えたのは幸運でした。グアテマラ・レインボーの名に相応しい、Mayaの末裔の独特な配色とカラーバリエーション。温厚で誠実な性格から繰り出される、やさしく、精密な手仕事をお楽しみ下さい。