バッグをつくる


office SABASABAのコンセプトである『Daily life with earth』のもと、バッグの製作に関しては可能な限り、グアテマラの手仕事による手織り物、手編み物、希少な古布、そして、日本が誇る伝統技術を活かした革、リネン、帆布など自然環境に配慮してつくられた素材を使用しています

バッグの製作はoffice SABASABAの自社工房により、牛革の裁断から、バッグの細かいパーツまで、office SABASABAの代表Tomoの手によって一つ一つ丁寧に全て手仕事で行っています。

 

 時を経て、今なお息づく手仕事や伝統技術、そして、職人の手と手が創り出す人の温かみが伝わるSABASABAのバッグ。日常生活で普段使いとして楽しんで頂けたら幸いです。